読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ままらいふ

ママになって子育てで感じたことや、主婦目線の日常の知恵などを発信していくママブログ

MENU

息子が嘘をついた。反省するのは親なのかも。。。

f:id:life-town:20170123110552p:plain

こんにちは。登校してから数日が過ぎましたが、毎日学校に忘れ物をしてくる息子にため息しか出ません(T_T)
注意力というか、集中力というか、楽しすぎてテンション上がって1つの事しか頭にない、そんな感じのようです。
そんな時、事件が...。

息子が嘘をついた。

登校して4日目。帰ってきたら、かぶって行ったはずの帽子をかぶっていない。

RUUママ:「帽子は?」
息子:「わかんない。そういえばSちゃんにとられた。」

まず、息子の言っている事が本当かどうか、疑っていました。Sちゃんとだって仲いいはずだし。そして今日も忘れ物なのか、持って行ったものをちゃんと持って帰ってきていない息子に腹が立っていたのも事実。とられて取り返さない息子にさらに腹が立ったのです。当然のように雷を落として何故忘れてくるのか問い詰めていました。

息子の数日間でやらかした事

・連絡帳に連絡事項を書くのを忘れる

・帽子や手袋を持って帰ってこない

・給食時間におしぼりをしぼるのを忘れる

・鉛筆や消しゴムを忘れる

・サッカーの日なのに帰ってくるのが遅い(雪遊びをしてしまう)

・帰りの会で確認するのを忘れる

・ダメだと言われても雪玉を作っている(登下校中)

・宿題をダラダラとやる

・言われるまでやらない

久し振りの登校に浮足立っているとは思っていましたが、こう毎日注意しなくてはいけないのは疲れます。

たった4日しか登校していなくても立派にやらかしてくれる息子はとうとう、ママに怒られたくないからか「Sちゃんにとられた」と嘘をついたのです。
疑いながらも何度も本当かどうか聞いていましたが本当だと何度も言うので、

「本当にとられたのなら、ちゃんと返してもらってきなさい」

と言いました。でも実はとられてなかったんです。自分のロッカーの奥に押し込められていたみたいなんです。それをSちゃんのせいにして、RUUママさらに怒り心頭でした。学校の先生からは電話がくるし、Sちゃんのお母さんにも謝り、大ごとになりました。本人は勘違いと言ってましたが、「勘違いでも人のせいにして、嘘をついた事がママは悲しい」と言いました。

嘘をつかれたという事で親としてものすごいショックで、これまでの自分の子育てが間違っていたんじゃないかと不安にかられました。
学校の先生曰く、

「子どもによくみられる嘘です。でもこれで分かったと思います。ちゃんと自分からごめんなさいと言っていました。」

と言っていました。

小学1年生。嘘はいけない事だという事はよくわかっています。とっさの思い付きで付いた嘘でいろんな人を巻き込んだ形になってしまいました。

親としてできる事はなにかを考える

親としてできる事は嘘をつかなくていい環境づくりですよね。改めて考えてみると息子からしたら、「ママはいつも怒ってる」と思っていたかもしれません。あんまり笑っていなかったかな。とにかく学校が始まって焦っていたのは確かです。

何故焦っていたんだろう。

“早くして”を何度も言ってたなぁ。

ちゃんとしなくちゃ。

反省ばかりです。子どもが嘘をつきたくなるような環境を作っていたんじゃないかと思います。
嘘をついた事はもちろん悪い事ですが、それを自分から認めて謝ったことを褒めてあげたいと思います。

忘れ物だって、すればいい。忘れてはじめて気付くこともある。
最近の自分を振り返るいい機会になったのかもしれません。

子育ては本当に難しい。何かが起きてから気づかされることが多いです。そこで反省できるだけいいとしよう。

 

それでは。また。RUUママでした。